飛行機の暇つぶしに編物

飛行機の中で編物をしながら暇つぶし

私が飛行機の中で行っている暇つぶしは”編み物”です。

 

 

 

なぜ編み物かというと、作品を完成させるのにとにかく時間がかかるので1〜2時間くらいはあっという間に過ぎてしまうからです。

 

飛行機の中にはあまりかさばる物は持ち込めませんが、細めの毛糸玉2〜3個と編み物用の針さえあれば数時間は編み続けられます。

 

また、編み図の載った本を広げていると流石に周りの人の迷惑となってしまうので、編み方は小さなノートにメモしておくか記憶できるようなシンプルな編み方の作品をチョイスするといいと思います。

 

(マフラーなどは1種類の編み方で完成するような簡単な作り方もあり、おすすめです。)

 

しかし、機内で編み物をするときに注意点が1つだけあります。それは、編み物に必須な”はさみ”の持ち込みについてです。

 

昨今はセキュリティが強化されたため、持ち込み検査で普通の布切り用はさみ程度の刃渡りのものは没収されてしまいます。

 

糸を切らずに編み進めていくから必要ない場合は良いのですが、はさみが無くて困った時は糸の端を軽く結んで印としておくか、まゆげをカットするようなごくごく小さなはさみを持っていくといいでしょう。

 

ちなみに、編み物で使用する”針”は全て先端が丸められていて尖っていないので取りあげられる心配は無いです。